2009年07月23日

新作2曲、機材覚書

こんばんわアンパンマンです。
「Last Night, Good Night」
および
「Beautiful World -PLANiTb Acoustica Mix-」の機材覚書です。

まずは「Last Night, Good Night」から。


スティック:ジルジャンのシンディ・ブラックマンモデル

スネア:タマ スタークラシック ブビンガ&バーチ14×5.5

シンバル:イスタンブール「トラディショナル」シリーズ
パイステ「ザ・パイステライン」シリーズ(スプラッシュ&チャイナ)

ドラムセット:スタジオのタマ スタークラシックメイプル

です。

スネアのマイクにゼンハイザーを初めて使ったのが
この曲のときで、位置など色々と試した記憶があります。



続きまして、「Beautiful World -PLANiTb Acoustica Mix-」の機材。


スティック:ジルジャンのテリ・リン・キャリントンモデル

スネア:タマ ローズウッド14×5.5

シンバル:イスタンブール「トラディショナル」シリーズ

ドラムセット:スタジオのパール マスターズシリーズ


です。

今回は曲を聴いた瞬間に割と音作りはイメージできたのが
自分の中で初体験です。原曲と全く同じとはいきませんが、
当たらずと言えども遠からずくらいにはもっていけた、ような気が
少しだけしております。

それと、スティックです。

最近、色々ありまして「曲のテイストに合わせてスティックを
変えるようにしたい」と思うに至りました。
その結果、メーカーはジルジャンで、10数種類のスティックを
揃えて、今回もレコーディング直前に全部試してみて決めました。
単なる自己満足なのかもしれませんが、これからも色々試していこうと
思っております。



毎度のことながら、プレイに関しては、もう、なんと言うか、
なのですが、
過去の動画などにも皆様から有難いご指摘、アドバイス等
頂いておりますので、それをヒントに更に精進していこうと思います。
まだまだ未熟者ですので、頑張ります。はい。


読んで頂き、本当にありがとうございました。
posted by アンパンマン at 01:12| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!こんばんは、サラと申します。ニコ動でメルトのドラムを観てファンになりました!! 
私は今大学でバンドを組んでいて、メルトをやろうとしているのですが、スコアがPC打ちの分かりにくい物しかなく困っています。
アンパンマンさんはすべて耳コピですか?
Posted by サラ at 2009年07月24日 00:55
>サラさん
コメントありがとうございます。

僕は動画に上げたものは全部耳コピだったり、
テキトーに上からかぶせて叩いてたりです。
メルトは、途中まではこのブログ内の最初のほうに譜面があります。
よろしかったら参考になると幸いです。
Posted by アンパンマン at 2009年07月24日 01:07
動画拝見しました!

相変わらず繊細で強弱の付け方が素敵です><
毎回スネアやシンバルのチョイスが曲にすごくあっていると思うので参考にさせていただいてます。

私も曲によってスティックを結構変えたりするほうなんですが、スティックによって音が違ったり、浮かぶフレーズも変わったりで面白いですよね。
余談ですが、私は基本的に14mm以下のスティックしか使えませんw
13mmあたりのスティックばかり使用していたものでして(^^;

これからもごゆるりと、自分のペースでの更新お待ちしておりますm(_ _)m
Posted by 刹火 at 2009年07月24日 11:16

すごく良かったです。

応援しています。

これからも頑張って下さい。
Posted by ケニアマン at 2009年07月26日 23:21
やっぱりスティックも音に関係しますよね
少しでも重さが変わると打ちにくくてつい僕は同じものばっかり使っちゃいますorz

文化祭でドラムやることになったのですが
いきなりスランプに陥ってしまいバスドラは不安定だしテンポがつかめないなどやばいです
けどメンバーに迷惑かけないように必死になってがんばってます

アンパンマンさんもいろいろがんばってください
Posted by naomiti at 2009年07月28日 23:08
コメントの返信が滞ってしまって申し訳ありません!!orz

>刹火さん
コメントありがとうございます。
楽器のチョイス等は、今回は手持ちの中では
うまく合わせられたかな、という気がします。
あとはタッチの使い分けをもっと幅を持たせたいです。。。
頑張らねば。

スティック、今回は13ミリから16ミリまで
色々と試してます。それによって何かが変わって
くるのが、今は楽しくてたまらないです。はい。


>ケニアマンさん
コメントありがとうございます。
そう言っていただけて本当に嬉しいです。
これからも頑張ります。もっともっと、ちゃんと
叩けるようになりたいです。


>naomitiさん
コメントありがとうございます。
文化祭、僕も大学でやることになってしまいました。
同じく、メンバーに迷惑かけないよう頑張らねばと
思います。結構緊張しております。

お互い、頑張りましょうー。
Posted by アンパンマン at 2009年08月02日 01:04
初めまして

いつも拝見してます。
応援してるのでがんばってください^^

アンパンマンさんはメルトなどを叩く時のグリップはフリーですか?

Posted by taku at 2009年08月03日 23:26
>takuさん
コメントありがとうございます。
動画、見てくださってとても嬉しいです。

さて、ご質問の「フリーグリップ」ですが、
僕の動画でもいくつかそういったコメントを
頂いているのですが、正直、それらのコメントを
見るまでフリーグリップというものを知りませんでしたorz

一応その後チェックしてみたのですが、
私見としては「言われてみればそんなことは
意識してないわけじゃないけど、ちゃんと
このフリーグリップを練習したわけではない」
という感じなので、結論的には「フリーではない」
ということになるのではないかと思います。

グリップは難しいですよね。僕も試行錯誤の日々です。
このような回答で、ご参考になればなによりです。
Posted by アンパンマン at 2009年08月04日 03:42
初めてみましたが、すばらしいですね。

機材やスティックを使い分けたり色々こだわりがあっていいですね。

特にスネアの音は原曲にマッチしているとおもいます。

スネアのチューニングはどのようにしているのですか?

そういえばチャイナはパイステラインの何を使っているのですか?

質問ばかりですいません。
Posted by ぽかり at 2009年08月19日 14:01
>ぽかりさん
コメントありがとうございます。

スネアの音は、今回のは結構満足というか、近いものに
もっていけたような気がしております。

チューニングは全体の音程を合わせて、ミュートするかしないか、
といったようなごくフツーのチューニングなのではないかと
思います。研究の余地がまだまだあるなぁと
思います。


チャイナはパイステラインのThin China 14インチです。

ご参考になれば幸いです。
Posted by アンパンマン at 2009年08月22日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124063512

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。